home sitemap

PIERROT TOUR 2003 ATTACK [TO] THE FREEDOM
2003.10.16 at 府中の森芸術劇場どりーむホール

今回がっつり1人参戦。
いつもは、1人つってもチケットは2枚とっててそのうちの1枚を売るパターンだったんだけど。
その方が、お互い1人だけどちょっと仲間意識があっていいかなぁという、
要はちょっと勇気がなかったからそうしてたんだけど、
今回ハナっから1枚しか取ってない。
ツアーだから売れるか心配になっちゃって(笑
もう、いっか!と。
もはやそんなとこまできた私。

なんだかんだで18:15会場着。
開演15分前!
水潤ちゃんとも会うこと叶わず。携帯通じないYO!
会場外の警備員さん、「早く入れよ」と独り言。笑
ホント、みんな開演5分前くらいでも全然中に入んないよね。
ヘタすりゃ開演時間までいるんじゃないかって勢い。

チケット届いて席調べたときは、遠いよ・・・って思ってたけど
いざ席着いてみたら、
何っ!?近い!!
しかも下手だった。
潤の真正面だったよ。
嬉しいわー♪♪♪

以下、セットリスト順にレポ・・・のつもりだけど自信はない!!
そして、1人参戦だから、突っ立って凝視、が基本スタイルだった。

OPはいつもの、ACID〜のアウトロに似てるSE。
ガイコツの顔半分が弾丸になっているツアーのマークのセットが真ん中から2つにガーッと割れて、
まずはタケオさん登場。
いや、コータだったっけ?(爆
飛ばして潤!(爆
初っ端から投げチュウ3連発!!
きゃー!!
1人参戦で喋る相手もいないので、潤ばっか見てデレデレになる。

キリトの衣装が、上はノースリ下はダボッとしたパンツで、上下お揃、白地に黒1本ラインの・・・
ヤンキージャージ??
黒のショートブーツにブーツインしてるから、土木工っぽくって余計に、ね。
潤はグレーのミリタリーっぽい雰囲気のツナギ。
そんなダボダボしてなくて、ツナギって感じがそんなにしないやつです。
肩口にファスナーとかついてて、よくお似合い!!
タケオさんは黒のタンクトップで男らしー!!
アイジは黒のノースリで、確か黒いバンダナ付き。
左腕に赤のヒラヒラ布。
コータは黒のノースリに、いつもみたいな(笑)パンツ。

1曲目は「a pill」。
ああー!
潤のハモリがーーーー!!

次は「FREAKS」。
その次「ENEMY」。
でも叫ばないしアタマも振らない。
ENEMYの特効はいつ見てもビビる。

次が「DAYBREAK」。
潤の動きがちょっとエロくて好き。
この間に潤が花道のギリギリまで来る。近!!
あー、潤ってホントに存在してるんだなぁと思った。

お次、「Upper flower」、「真っ赤な花」と続く。
あら、Upper flower はCD聴いてそこまで・・・って感じだったけど、
こうやってライブで聴くといい感じね。
そして真っ赤な〜のあの謎の振りは健在。笑

そしてMC。
たしかここで総理大臣トーク。
キリト「毎日楽しんでますか?」
キリト「俺は毎日ムカついています」
「ムカついて」っていうキリトの発音が可愛いわけさ。
そのあと「政治家は腐ってる」なMC。
キリト「革命を起こしたいと思いませんか?」
お?ってことは「革命の黒い翼」か?と思ったらそのあと、
キリト「君たち若い世代・・・ 僕もです。僕も入れてください(笑)」と続く。
「グロテスクな世代」と。
ああ、そっちか。
キリト「政治家は腐ってるけど、俺ら若い世代はオカしいと思ったことにはフザケンナ!!
    ・・・って言えるようにしましょう。」
みたいな内容。
急に大声出すからビビったでしょーに!
そして「ネオ・グロ・テスク!」。
前に見た「♪腰を振って」のキリトのカワイイ動きは、やらしい動きにちゃんと変わってた。笑
「♪イェイ イェイ イェイ イェ〜イ」のところはガニ股ヤンキー座りの振り。
体柔らかいね!
そのあと、私が大好きな「革命の黒い翼」。
あはーん!!!潤くんカッコイイぜー!!!(いつも。
こんな席なもんで、潤とキリトしか見てないの、ホントに。
それでも、下手から潤とかキリトを見るとき自然と視界に入るコータとタケオさんはたまに見てるんだけどね。
マジで見てないアイジ。
あとで雑誌とか見て、アイジ、あんな服着てたんだー、みたいな。

お次、「ACID RAIN」→「HILL」。
あぁ〜♪好きな曲ばっかり♪

そのあと、戦争の映像が流れる。
キノコ雲とか、同時多発テロとか、その報復攻撃とか。
それぞれに死者数が出て、最後にアメリカ国旗。
BGMは知らない曲だったけど、多分アメリカを讃えるような曲だったんだろうね。
映像の最後でアメリカ国旗が燃えて、「GOD BLESS xmexxxx」。
キリトが兵士のヘルメットかぶって登場。
あぁーなるほど、な演出。
キリトの足取りはカワイかった。
曲の最後の歌詞が「♪薔薇色の世界を君に」と変わって、「薔薇色の世界」。
この日初めて、心から楽しそうなメンバーを見られた曲はコレ。
やっぱメンバーが楽しそうな曲はいいね!!
コータとマイクを分け合ってコーラスする潤。
その古さが新しい!!(嘘
ネオグロでもやってたけど、曲に合わせて足を高く上げてステップ踏むキリト。
マイブームみたい。笑
カワイイな。
けっこう足上がるねー!!

次、「MORNING JUNKEY」。
潤かっくぃぃーーーー!!!!!(いつも。)
曲が終わるとキリトが「思い切り頭振ってみろ!」「狂っちまえー!」
何の曲だ?と思ったら、おぉ!「有害の天使」!!
これ好きだから、やってくれると毎回嬉しい!!
その次「PSYCHEDELIC LOVER」。

キリト「次でラストです!!」
会場「えーーーーー!!!!!!!!」
キリトの真面目なMC。
俺たちはずっと答えを探してきました。まだ見つからないけれど、これが今の俺たちの答えです。
とか、そんな感じで、「ANSWER」。

っはーーー!!!本編ってみじけーーーー!!!
こんだけ!?
いや、待てよ。「OVER DOSE」がどっかにあった。
大好き「OVER DOSE」!!特にライブバージョン!!!
1回目の「俺が神になる」で「俺」ってやる潤。
いや、潤様。
いやはや!潤ってそんなにカッコ良かったっけ?って思うくらいカッコよかったわ。
まぁぁぁじでカッコイイわ。
ッフフフ。

OVER DOSEとか革命の〜とかって、キリトとか潤が教祖に見えるよ。
あとさー、全然関係ないけど、潤って時々ギターを上の方で持つんだけどさ、ネックを上に向ける感じで。
それがカッコよくってたまんない。(細かい。
花道まで来て舌ペロってやるし!!!!ムハー!!
照明で黄色くなった潤も素敵!!(?)
席が近いので「オカシくなっちまえ」の口パクも確認できましたよ!!!
もー、潤見すぎ。
しょーがないよねっ!好きなんだから♪(ぶりっ子調で。

そしてお待ちかねアンコール!
記憶が比較的鮮明なのもこのへんから。笑

アンコール1発目は「夕闇スーサイド」。
2曲目が久しぶり「満月」。
なのにメンバーの名前を潤しか呼ばないという。爆

2回目のアンコールでメンバー紹介。
紹介前にキリトの喋り。
「今回のツアーではメンバー紹介はしないって決めてるんですが、ここで1つ打ち明けたいことがあります。」
なんだなんだ、深刻そうに・・・。
「実は僕、最近物忘れがひどくて。年々。
 メンバーも、顔は分かるけど名前が思い出せない。」
笑。
「今日は僕に教えてください。」
そんなんで始まったメンバー紹介。(笑

TAKEO
キリト:
「顔は見覚えあるんだけどねー。
 いつも控えめな、でも考えることはちゃんと考えてる、やるときはやる、
 っていう男なんですけどね。誰でしたっけ。」
客:「タケオー!!!!」
キリト:「・・・あぁ〜〜」
ブフッ。なんだこれ。でもちょっと面白い。
タケオ:
「控えめなタケオです。控えめで10年・・・(なんか言ってたけど聞き取れず。)
 ・・・が、それも今日で終わりにしたいと思います。
 ここでぶっ飛んで(だったか?)しまいたいのですがいいですか?いいですか??」
なんか、タケオさん煽りが控えめ。
そのあと、
「今日集まったお前らはオレに勝てるのかな?」みたいな感じで、
「そんなもんじゃあ、まだまだオレには勝てませんよ。」とか、そんな感じ。
でも最後はやってくれました。アレ。
「もっと!もっと!もっっとぉ!もっっっとォ!!! ・・・お前らサイッ・・・コー」

KOHTA
キリト:
「この人は、ど〜〜〜も他人じゃない気がする。」 笑
「何か共通点があるのかもしれません。」 笑
客:「コーター!!!!」
コータ:
「みなさん知ってのとおり、べしゃりは苦手なんで、
 その分〜〜(「音で」みたいな。そんな感じ。)」
キリト:
「へぇ〜(笑)」
コータ:
「えー、楽しんでますか。(だったかな?)
 眺めもよくて、空気も薄くて最高だ。(笑)」
そのあと何か言ってたけど覚えてない。
コータ「じゃ、こんな所で手短に。」
客「エー!!!!」
コータ「大丈夫、このあとぶっ飛ぶ(かな?)からよ。
    じゃあそんな感じでぶっとばして(かなぁ??)いきましょう。」
客「エェーーー!!!」
おわり。笑
ホント、短かったけど、おわり。笑


キリト:「誰ー?」
会場:「潤ー!!!」
キリト:「誰ー?」
会場:「潤ー!!!」
キリト:「・・・よく聞こえなかったけど・・・」 どうぞ、のジェスチャー。
潤:「・・・潤です。」
キリト:「J・U・N、ジュン。」
笑。
キリト:
「長野からの・・・付き合いですよね。オレンジのピックがいっぱいあるね。
 オレンジは好きですか?」
潤:
「けっ、まぁまぁ。(笑)」
「けっ」て。笑
「結構」と言おうとしたのね多分。
キリト、潤のオデコのあたりを指さす。
キリト「え」
潤「え」
2人とも笑う。なんだそれは。笑
キリト「なんですか、大丈夫ですか?(笑)」
潤「大丈夫ですよ(笑))」
よくわかんないわ。笑
潤:「へん・・・なテンションだよなぁ。」
何が?自分?会場?会場かしら?
潤:
「東京ですもんね。府中も。ホームグラウンドみたいなもんだからね。
 ・・・違いますか?」
客:「そうー!」
府中とか八王子はいつもこんな扱い。
最初のMCでキリトも「府中って叫ぶのもなんだから、東京!」って言ってた。
なんか、逆に・・・!
潤がそのあと何か喋るが、覚えてない。。
潤「・・・そんな感じで。」
客「エーーーー!!!!!!」
潤「何を聞きたいわけさ!!この、いちミュージシャンにさ!」
わけさ!て。笑
潤「・・・僕がアナウンサーだったら喋りますよ。そりゃ。
  でも、ミュージシャンですからね。
  えー・・・
  あ゛ーーーー・・・」
アイジか!でもこの「あ゛ーーー」が可愛い!!
なんか、「喋り」って言おうとして「しゃ・・・べしゃり」って言い直してた気がする。
コータのマネか?
潤「あの言葉を言わないといけない、というのが前回分かったので言います。
  ただ、条件を付けましょう。
  僕に対する黄色い声が、大きかったら、言いましょう。」
出たー!!!俺様ー!!!
そして会場、絶叫。
潤、両手で制する。
潤「説明の途中でもう大きかったんで言います。
           ・・・愛してる!(完全に囁き声。」
うひゃー!!

アイジ
キリト:「・・・胃下垂」ボソッ、て。笑
会場:「アイジーーー!」
キリト:「・・・ナイジ?」
ナイジ!!笑
キリト:「ピエロいち大食いで、でも細くて、おなかも・・・」
キリト、めくる。
会場「キャー!!!」
キリト:「・・・引き締まって。そんなピエロの、イケメン・ギター。こんな男に抱かれたいよな。」
いや、私は潤が(以下自主規制。
キリト:「それは相当大変ですよ。・・・ま、頑張って(笑)」
頑張ればどうにかなんのかい!
アイジ:「ナイジです。N・A・I・J・I、ナイジです。」
アイジ、いい!!
アイジ:
「っつーか、何にも考えてないし!〜〜〜〜だし!(語尾しか覚えてない。)
 メンバー紹介はやらないっつってたのに。
 ATTACK TO THE FREEDOM ですよ。3本目。
 あと、30本、楽しみにしてるんですけど。」
そのあと何か喋ったけど覚えてなくて、そのあと
「なんだよ、いいじゃん(笑)」って言ってた。
何に対しての「いいじゃん」だったのか・・・。もう、不明。
アイジ:
「去年は夏、ツアーをやって、今年は冬、ツアーをやって、
 1年ちょっとぶりのライブで〜〜。
 1月に東京戻ってくるし。(1月のファイナルが日武。)」
客、微妙な反応。
アイジ:「・・・やなの?」 笑。
そのあと喋りの最中に、内容は忘れたけど「〜〜生きるべし」とか言ってて、
最後にも一言。「生きるべし。」
マイブーム?

キリト
潤:「僕は名前知ってるんで、言わなくていいですか?」
客:「えーーー!!!!!!!!」
潤:「言わないとダメですか(笑)。じゃー、このメンバーは誰だ!!」
客:「キリトー!!!」
潤:「誰だ!!」
客:「キリトー!!!」
潤、どうぞのジェスチャー。
スポットが当たって、床に寝てるキリト。
腹筋?と思いきや、ぉおっ、ハネ起きた!!すげぇ。
キリト:「楽しんでますか?」
客、やっぱり微妙な反応。
キリト:「それなりに楽しんでると思いますが・・・」的な。
キリト:
「ツアーもまだ始まったばっかりで、だんだん・・・全国回ってくわけですけど。
 やっと総理大臣も代わるのかと思ったら、まーたあのオジサンで。
 日本はいつまでたってもアメリカの使いっパシリで情けない限りですが、
 でもアメリカ人が嫌いなワケじゃない。
 僕はマクドナルドが大好きですからね。(笑)
 ここまで来ると、すぐ近くにいる(かな?)北朝鮮のー・・・ぶーちゃん(語尾上がり)ですよ。
 あのヤバイ国は国レベルで組織犯罪をやらかして〜(このへん忘れた。)
 でも国民は悪くない。
 あの息子が悪い!!ブッシュが!!(言っちゃった。)
 そう考えると、政治家って言うのはホン・・・ト腐ったヤツばっかだよねーー。」
そんな感じの政治家トーク。
ブッシュて、名指しかよ。
あとは、「東京のはずれの方までわざわざ高いチケット買って見に来てくれて〜〜〜
 僕はこういうことでもなければ、こんなところに来ることはないです。」とかなんとか。
あと、最初の方で、
キリト:「・・・楽しんでください。(だったかな?)あーーー・・・、そっか〜〜」
客:「?」
キリト:「いや、違う違う、いいんですよ〜〜(笑)」って、
何だったんだ?さっぱりわからん。

メンバー紹介明けは「FOLLOWER」。
潤が跳ねるなら私も跳ねなきゃ!!
そしてお次は、お次は・・・
ああーー!!!潤がお立ち台にのぼって・・・!!!
ってことは!!ってことはー!!!
あー!!!Haken Kreuz!!だぁぁぁー!!!!!
この日最高のボルテージ。
ついに頭振っちゃった!!
潤カッコよすぎ!!!

Haken 終了後にファンサービスでいろいろ飛んでくる。
潤かっくいいー!ピックくれー!
このタイミングでメンバーのおじぎまであって、
今回のシメは Haken Kreuz か〜。と思ってたら、
メンバーがハケるなり「アンコール!アンコール!」
早っ!!
この雰囲気、ちょと無理だろー、と思ったんだけど、ねばるねばる府中ピエラー。
そして何と、メンバー出てきました!
「やっぱりそうなりますか!」とキリト。
「まだ満足しないのか?まだいけるのか!?」
そして始まったのが「自殺の理由」。
タケオー!!!
もちろん私も一緒にやりましたよ、あの、「振り」。笑
1人参戦で誰も仲間いないけど、やったよ。笑
しかも次は「CREATURE」!!
ハーケンに続き、振ってしまったよー!!頭をよー!!!
ハーケンで髪飾りが落ちてしまったので1回付け直したんだけど、
メンバー出てきたときに外しておいた。
正解だった。
で、さすがにもう終わりかと思ったんだけど、
なんと・・・飽き足らない府中ピエラー。またもや「アンコール!!」
すげぇな!!
3回目のアンコールでキリトが「もう、キリがないからね」と言ったのにもかかわらず。
場内アナウンスが流れまくっているにもかかわらず。
そんなのは無視ですよ。
オイオイ・・・
さすがにメンバー可哀想では?(笑)と思ったけど、
なんとなんと、ホントにメンバーが出てきたもんだから、私も一緒に「ヤッター!!」
4回目のアンコールですよ!!ヤッター!!
まったく、ゲンキンなやつめ!(自分がね。
また髪飾りを取り外して、
もう、何回取り外すんだよ!!!

ちなみに、キリトは3回目のアンコールと4回目のアンコールで、ステージに残っているスタッフに飛び蹴り。(のフリ。
それと、メンバーがツアーTになったのはいつだったか。
潤はツナギの上だけを脱いで、黒のTシャツを腕まくり?それともタンクトップ?

おっ・・・・・

男らしーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・



キリト「まだ満足しないんですか。お父さんお母さんも家で待ってるんでしょ?次、ラストで!」
お父さんお母さんの話が出てくんのか。笑
キリト「最後にここぶっ壊すくらい暴れちまえ!!蜘蛛の意図!!

ワァァァオー!!!!
頭振るー!!!!

曲が終わってキリト、「もう勘弁してください」と。笑
「府中、思ったよりも凄いキチガイでした。」
東京のはじっこナメんなよ。
最後にキリトはTシャツを脱いで投げてました。
すげー体!!鍛えてんなー!!!
潤、アイジ、タケオは去り際に一言ずつ言ってたけど
タケオの「お前らサイッコー!!」しか覚えてない。笑


あと、どの曲だったかさっぱり覚えてないんだけど、
1曲恒例のディープな絡みがある曲があって、
アイジの前にキリトがひざまずいてたのに黄色い声援が控えめだった。
むしろ潤キリの方が・・・。
もうそれ抱き合っちゃってるじゃん!!
でも1回、その最中に潤がキッ!!と鋭い目線でこっち見て、ちょっとウケた。


今回はホントに、潤、潤、潤、なライブでした。
いや、いつもそうか。
しっかしアンコールはビックリだね!!すげぇよ!!1人でも来てよかったー!!

帰りに水潤ちゃんとマコちゃんにも会えました。
良かった!

ホントに楽しいライブだった!!
1人でもこんだけ楽しめたから、私、多分一生ついていけるよ!! LIVE参戦記のトップへもどる。